酵素 断食はどれくらい効果ありますか?@どれがオススメ?

酵素断食は今人気!

 

みなさん、酵素ダイエットで別人のように痩せてキレイになった方ばかり。とくに驚いたのは、70歳は超えているだろう豊田さんが、ますます若返り、可愛らしくなっていたことだ。30キロ痩せた須崎さんが50歳だというのにもビックリだ。どう見ても30代後半にしか見えない。「まぁ、可愛い方ね。この方、ゼッタイお痩せになるわよ。そうしたら、いまよりもっと可愛くなるから。20歳くらいに見えるようになるんじゃないかしら」酵素で断食、10年前のことをすっかり忘れて、いきなりの大鼓判である。お調子者の私。スタッフの方たちが見えるまでの5分ほどのあいだに、「先生が次に出されるご本の″成功者の体験レポート″には必ず出ますから」なんて約束をしてしまう。私をさらにその気にさせたのは、酵素ダイエットは、胸とお尻のお肉は出っ張りはそのままに、ほかのぜい肉はすべて落とせるという、10年前にはまるでノーチェックだった情報。「胸だけ残して、あとは痩せる? ということは先生、私は細川ふみえチャンのようになれるってことじゃないですか」もう誰も私をとめられない。「ホソカワ? フミエ? なれるわよぉ」先生はフーミンをご存じなかったようだが、ニュアンスは伝わったよう。そして、「アナタ、ちょっと立ってごらんなさい」と、いきなり私の脇や背中のお肉をモミモミなさった先生。トキノの会員さんなら一度は体験しているだろう有名な儀式である。「うん、大丈夫。すぐ痩せるわ」先生、ふたたびの大鼓判である。お話をうかがってみると、私のようなプヨプヨのおデブは痩せやすいんだそうだ。一方で、私と同じくらい太っている『ViVi』のライターのIさんは、お肉が固いから痩せにくいといわれている。そのうえ、ほぼ毎号のように、さまざまなダイエット記事を担当しているIさんは、その都度そのダイエット法を試しているためにバランスをくずし、極度に代謝の悪い体になっているのだという。となると、キチンとやってはいなかったものの、若いうちに酵素ダイエットに出会って以来、ほかのキワモノ系ダイエットに、それほど手を染めなかった私は、大正解だったということだ。らこんなに食べていいかしらなんだか知らないけれど、好条件が目白押しなことに、シード選手のような気分になった私。

 

 

ドリンクは酵素1か月は飲み続ける

 

こうなりゃ、いますぐにでもはじめたい気分なのに、対談中、食べ物が出てくる、出てくる。まず出していただいたのはケーキ。私は腰を抜かしそうになった。酵素ダイエットは油抜き調理が基本で、だって、10年前の酵素ダイエットで食べられるものといったら、ご飯とちりめんじゃことオオバだけだったのだから。「今日、カレーを作ったの。ぜひ食べていらしてね」「力、カレーですか」ふたたび目を自黒させる私に、「パンもあるし、油をつかわずに調理したとんカツもあるんですよ」酵素で断食のもとで20キロのダイエットに成功したという広報の滝本さんがニコニコしながら説明してくださる。“「そうですよねぇ、″やせたべ″時代の会員様は、みなさん驚かれますよ」と豊田さんもシミジミ。″やせたべ″とは、10年前に酵素で断食が出された『やせたい人は食べなさい』のこと。従来の「食うべからず」のダイエット理論を根本からくつがえしたこの本は、 一大センセーションを巻きおこしたのだった。さらに、シューマイ、スパゲッティミートソース、フランクフルト、さわらの西京焼き、チンジャオロースー、八宝菜、バウムクーヘンにアイスクリーム。現在のトキノの商品リストを見せていただき、先生の10年間のご研究の成果と、はかり知れないご苦労にジーンとしてしまう私だった。応接間の奥のキッチンは、小学校の調理室よりも広く、そこで先生自ら作ってくださったビーフカレーとソーセージ入りのポテトサラダをいただく。ダイエットするのに、こんなに食べていいのかしら、と思うボリュームと、美味しさ。これならつづけられるかもしれない、そう思った。でも変わったのは、それだけではなかったのだ。簡単に説明すれば、近年の酵素で断食は、油よりももっと怖いのは添加物であることを重要視。太っている人を痩せさせるだけでなく、無理なダイエットで体のバランスをくずしてしまった人、拒食症、アトピーなど、女性たち6/の現代病ともいうべき、さまざまなトラブルを酵素ダイエットで解決していらしたのである。さらに私は、先生の著書に新たな一文が加わっていることも見つけた。《元気な赤ちゃんを産みたい人のために》である。20代で無排卵を経験して以来、どうも婦人科系がウィークポイントである私は、子供は欲しいけれどできるのかな、という悩みをずうっと抱えていたのだ。しかし、キャリアウーマンの人たちが、誰の子供を産むかということより、子供だけは産んでおきたいという例にもれず、私も同じような考えをもっていた。女に生まれたからには一度くらい……、甘いかもしれないが、そう思っている。と同時に、もしかしたら、これがきっかけで痩せられるかもしれない。私の胸は、夢と希望で、少しふくらんだ。酵素で断食との再会目黒区にある酵素で断食のお宅を訪ねたのは、93年の1月2.日のことだった。その少し前、ワイドショーの″有名人のお宅訪問″で見た通り、酵素で断食のお住まいは、豪華絢爛。ゴージャスな先生にピッタリである。「スリッパをはかずに入っていらして」フランスのお城のような(行ったことはないが)客間の奥に、10年前とちっともお変わりない酵素で断食がいらっしゃる。どうしてスリッパをはかなくていいかというと、足もとの大理石は床暖房完備。いやはや、すごいお住まいである。酵素で断食の横には、トキノ(酵素で断食主宰の会)の会員さんにはお馴染みの豊田さんや須崎さんがいらっしゃる。

更新履歴


このページの先頭へ戻る